PMSについて

PMSについて

生理前はなんだか上手くいかない…怒りやすくなる…イライラする…などという経験はありませんか?
それはPMSかもしれません
ブログにも何度かこの言葉がでてきているのですが、詳しくご紹介したことはなかったので、今回はPMSについてご紹介します。

 PMSとは…?

 PMSはpremenstrual syndromeの略で、月経前症候群と訳されます。
月経前症候群とは、月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。

原因

 はっきりとはわかっていませんが、女性ホルモンの変動が関わっていると考えられています。排卵から月経までの期間のホルモンバランスが乱れること脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことが、PMSの原因と考えられています。

 症状

 精神神経症状として情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感、身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなどがあります。特に精神状態が強い場合には、月経前不快気分障害(premenstrual dyspholic disorder : PMDD)の場合もあります。

 治療法

 治療法は薬によるものと、薬を用いらない方法があります。

薬による治療法
・排卵抑制療法
排卵が起こり女性ホルモンの大きな変動があることがそもそもの原因なので、排卵を止め女性ホルモンの変動をなくすことで症状が軽快します。
・症状に対する治療法
・漢方療法

 薬によらない治療法

・症状日記をつけ症状をきちんと理解・把握する
・気分転換やリラックスする時間を作り、自分に合ったセルフケアを行う
・カルシウム(魚介類・大豆製品・乳製品など)・マグネシウム(海藻類・ナッツ)などを積極的に摂取する
・カフェイン、アルコール、喫煙を控える

                (公益社団法人 日本産科婦人科学会より)

 

PMSの症状 CHECK LIST

生理前のこころの不調

□普段気にならないことでもイライラする
□家族に八つ当たりしてしまう
□なんでもないことで泣いてしまう
□日中眠くてしかたがない
□夜ぐっすり寝た気がしない
□ボーっとする
□集中できない
□家事や仕事がはかどらない 

生理前のからだの不調

 □肌が荒れる
□体がだるい
□胸が張る
□むくみ
□食欲不振
□いつもよりたくさん食べてしまう
□甘いものが食べたくなる
□腹痛
□頭痛
□腰痛
□お腹が張る

                     (命の母 ホワイトHPより)

 生理前になると体が重く感じたり、やる気が起こらなかったり、などと感じる人は多いと思います。PMSは症状に個人差があるため、周りに理解されないことも多いです。
ですが、PMSは婦人病です。我慢や無理はせず、ご自身のPMSの症状を正しく理解し、ケアしていくことが大切だと思います。PMSの症状がひどいと思った方は、婦人科や診療内科で相談しましょう。趣味や好きなことや、リラックスする時間を作るなどして、PMSと上手く付き合っていきたいですね。

シンプルで履き心地の良さを追求したPeriod.のパンツ。
生理中だということを忘れる日々を、あなたも体験してみてください。