Period.はお手入れも簡単!

Period.はお手入れも簡単!

 ここ一年で数多くの吸収ショーツブランドが誕生し、国内でPeriod.しかブランドが見当たらなかった時代がはるか昔のことのように感じます。
ブランドが増えてもデザインや仕様、ブランドフィロソフィーは各ブランドによって全く異なっています。なので、ショーツのお手入れ方法も各社さまざま、今回はPeriod.のお手入れ方法を改めてご紹介します。

----------------------------
▼目次
1、準備するモノは特になし
2、気をつけること
3、おすすめアイテム
----------------------------

 

1、準備するモノは特になし

タイトルの通り、お手入れに必要なものは特にありません。
商品と一緒に配送されてきたノベルティアイテムの洗濯ネットを活用すると良いでしょう。
(Period.のオンラインストア以外でのご購入の方はお手持ちの洗濯ネットをご用意ください)

Period.の商品は使用後に軽く流水ですすいでからネットに入れて洗濯機での洗濯が可能です。
浸け置きや手洗いは不要!クロッチ(吸収部)の表面にある汚れを洗い流すだけで、あとは洗濯機に入れてしまって大丈夫。

汚れを流水ですすぐ際も流れていく水の色が透明(通常の水の色)に近くくらいで大丈夫です。
少し強めの水圧をクロッチに当てると勝手に汚れが流れていきます。きになる際はクロッチを軽くこすって汚れを出してあげてください。
私の感覚だと10秒程度流水で流せばほとんどの汚れが落ちていると思います。

お風呂に入る前に洗面所で軽くすすぎ、ネットに入れて洗濯機の中へ、翌朝の洗濯で他の下着類と一緒に洗濯するのが私のルーティーンです。
個人的な経験として一度すすぎ洗いをしたショーツを洗濯カゴに戻すのはおすすめしません。水につけると汚れがにじみ出てくるので、以前一緒にカゴに入れていた洋服に汚れが移ってしまいました。)

汚れに手を触れたくない方はお風呂に持って行き、桶やバケツに水を張り入浴中に浸けておいてください。

 

 (ノベルティは旅行のときにポーチとしても使えます。)

 

2、気をつけること

特に大きな注意点もないのですが、商品を少しでも長く買った当初のような品質でお使いいただきたいので、
「柔軟剤」や「漂白剤」を使用せずに“洗剤のみ”で洗うようにしてください。
ご使用により生地へのダメージからきちんと吸水できなくなる可能性があります。

また、こちらは私も最近知ったのですがブラジャーの洗濯の際も柔軟剤は避けた方がベターとのことです。
生地が柔らかくなることによりカップの形状が保てなくなるようです。
なので、下着類を洗濯する際は柔軟剤と漂白剤は避けてお洗濯してみてください。

ちなみに、皆さまがはいている通常のショーツも雑菌の繁殖の観点から1年でのお取り替えが目安です。
吸収ショーツも同様で経年劣化が生じるため
1年でお取り替えを推奨しています。

  

3、おすすめアイテム

最近の洗剤は既に柔軟剤が含まれていたり、いい香りを残すために柔軟剤は欠かせないという方もいると思います。
そんな方へおすすめの洗剤があるのでご紹介させていただきます。

私のインスタグラムを見ている方は既にご存知かもしれませんが、LIVRER YOKOHAMAさんというブランドで出している洗剤は、柔軟剤なしにふわふわ&いい香りがするのでここ何年かずっとリピートしています。

ランジェリー専用の洗剤もあり血液やタンパク質、皮脂、ニオイにアプローチしてくれるので、今のお手入れに満足できていない方は試してみてください。

 

 

ちなみに、私は今ランジェリー用ではなく通常リブレさん洗剤を使用していて、Tシャツから下着まで一緒にお洗濯をしています。
すすぎ1回でやわらかな仕上がりになるので機会があればお試しください。

余談ですが、このブランドに出会って初めて正しい洗濯の方法を知りました。
昔は面倒で嫌いだったのですが洗剤を変えただけで洗濯が好きになったので、勝手にファンになりPeriod.のアイテムとの相性も抜群だったので近年推し続けています。

 

Period.のお手入れ方法は「予洗いして洗濯ネットに入れて洗濯機へ」で大丈夫です。
開発者である私自身がお手入れが簡単でないと続けられないと思ったことをきっかけに、出来るだけ工程が少なく済むような生地や仕様になっています。

こんな場合はどうしたら良い?などまだまだ疑問がある方はPeriod.のTwitterInstagram、hello@period-tokyo.comまでお気軽にご連絡ください。

 

 

シンプルで履き心地の良さを追求したPeriod.のパンツ。
生理中だということを忘れる日々を、あなたも体験してみてください。